琉球新報 記事詳細

日 付 2003/07/20  朝・夕刊 朝刊  その他  23  1版 
見出し ハワイ/沖縄の長寿学ぶ/―テイストオブオキナワ―/食や健康に関心の高さ 
本 文
ハワイ/沖縄の長寿学ぶ/―テイストオブオキナワ―/食や健康に関心の高さ


 WUBハワイ(坂本・ウェスリー会長)主催の第七回テイストオブオキナワが六月二十二日、ハワイ沖縄会館で開催された。今回のこのイベントの目的は、八月に開催される第一回世界のウチナーンチュ会議に向けての資金集め。「健康維持と長寿」というテーマで、特別講演を設けた。
 「The Okinawa Program」という沖縄の長寿の秘けつと応用を紹介した本の著者である、医療人類学博士、クレイグ・ウィルコックス(カナダ出身沖縄在住)、双子の兄弟、ブラッドリー・ウィルコックス博士(カナダ出身ホノルル在住)が沖縄の長寿について講演した。
 米国で高いテレビ視聴率を誇るトークショー「オプラ フィンフリーショー」出演で沖縄の長寿を紹介した時の映像や沖縄長寿食の食材などスライドで分かりやすく紹介した。
 またハワイの食材をたくさん食べて健康にやせるという「ドクターシンタニハワイダイエット」の著者・新谷テリー博士も講演した。会場には、三百人以上の人たちが訪れ、熱心に講演に聞き入った。
 WUB国際理事会が、前日にホノルルで行われたことから、関西、東京、沖縄、ブラジル、アルゼンチン、ボリビアなど、WUB各支部の代表もこのイベントに参加した。
 会場では、健康に関する本、器具、食品、サプリメントの展示即売も行われ、沖縄食、健康ブームへの関心がうかがわれた。
 講演のあと、参加者は、沖縄の長寿食、ゴーヤーチャンプルーや紅芋、ラフテー、クーブイリチーを賞味した。また、沖縄県酒造組合連合会から寄付された各種の泡盛も地元の人々の人気を呼んだ。
(名護千賀子・ハワイ通信員)



備 考  
ニュース源 自社  記事種   写真枚数 1