2006年 WUB東京 忘年会

p03


WUB東京の忘年会が2006年12月6日、銀座モルチエにて開催されました(参加者約50名)。
いきなりのサプライズとして、WUB創設者 ロバート仲宗根氏がハワイより来日、会場へ駆けつけてくださり特別にご挨拶をいただきました(なお、同氏よりWUB奨学金ファンドの新設のご案内、既に協力寄付を実施したWUB東京理事メンバ等への感謝の辞、および更なる協力の依頼がありました。同件に興味のある方は事務局へお問い合わせください。)。
WUB東京 長嶺会長より「人と人の間の信頼関係こそが最初にあり、その延長にビジネスの輪が繋がっていくのが本来の姿」と、本年度の忘年会のテーマ(会員相互の交流と自社・自己アピール)に沿って、忘年会開始の挨拶をおこないました。
しばしの歓談後、既存会員の紹介を受け新たに入会された会員の方に、会社・自己PRをして頂きました(今後のWUBでの活動に期待したいと思います。)。
参加者については、WUB関西や沖縄本島、最果ては与那国島など遠距離からこられた方もいて、またその職種は多岐に渡り、さすがWUB東京、多彩なる人財の宝庫であるとの思いを新たにしました。
なお来年は、会員相互の繋がりを強化するために、気楽に参加できる会「WUB YUNTAKUKAI」開催を決定、2月24日(土)の夕方より行う旨発表がありました(皆様の参加をお待ちしております。)。
p04


p05


会の余興としまして、国吉真央ちゃん、与那嶺里香さん、高宮城理事のバイオリン演奏と小畑監事の三線によるコラボレーション演奏が披露され喝采とアンコールを受けました。楽しい司会、ゲーム企画など盛りだくさんで終始、和やかで大成功の忘年会となりました。参加者の皆様お疲れ様でした。また、裏方で会を支えている理事の皆様ありがとうございました。

PS、忘年会の後、建設系に係わるWUB会員が2次会で集まってビジネスのヒントを得る試みを実施しました。今後、同業種による交流はもちろん、異業種交流を実施し、各人の持つ潜在的な力がより生かしていける環境作りに努めていければと思いました。

なお今回の忘年会の様子は、WUB東京 重田顧問のブログ(美ら島沖縄大使たより2006年12月9日号)でも紹介されています。

by桃原

— posted by HP管理メンバ at 09:19 pm  

Created in 0.0038 sec.

prev
2006.12
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31