| Home |
新聞報道で見るWUB東京の歴史 1997年~2000年末

リンク先について  ”S:”印は琉球新報記事 ”T:”印は沖縄タイムス記事 ”☆:”印はWUB東京HPのコンテンツ 

<WUB東京設立前>

■世界のウチナーンチュ大会がWUB(世界ウチナーンチュ・ビジネスネットワーク)設立のきっかけとなった。
1990年に第1回世界のウチナーンチュ大会が開催された。
1995年に第2回世界のウチナーンチュ大会が開催され、これを機にウチナーンチュビジネスネットワーク構築の動きが始まった。
○第1回世界のウチナーンチュ大会 1990年8月23日~26日
 沖縄県内で開催 19カ国37地域の1世から4世までの約2000人が参加
○第2回世界のウチナーンチュ大会 1995年11月16日~19日
 沖縄県内で開催 海外からの参加者は約3000人

■1997年9月 WUB設立
 ハワイで「第1回世界ウチナーンチュ・ビジネス・ネットワーク・ワークショップ」が開かれ、世界ウチナーンチュ・ビジネスネットワーク(WUB)を設立することが確認された。
 S:世界ウチナーンチュ・ビジネス・ネットワーク

■1998年2月 WUB設立報道
 S:世界ウチナーンチュ・ビジネス・アソシエーションが発足/国別に支部設置も/初代会長に仲宗根氏/ハワイ
 T:太平洋の架け橋](中)/ハワイ・沖縄の発展めざして/ウチナーンチュのネットを /名称はWUBA、本部ホノルル
1998年3月 S:海外ウチナー事情/ハワイ/WAB支部長会議/参加者―北米 南米 沖縄―を歓迎/アルゼンチンにも 結成
1998年8月 S:Ⅰネットで商取引を/各国の経済状況紹介/50人が参加、交 流も深める/WUBアルゼンチン会議

■1998年11月 東京支部設立に向けたロバート仲宗根WUBインターナショナル会長ら役員の動き。
 S:経済フラッシュ/WUB東京・大阪支部結成で来沖

 

<WUB東京設立>

1999年2月 WUB東京設立
会長に重田辰弥日本アドバンストシステム社長を選出。呼びかけ人、伊禮博ニューズヴァリュー社長。非営利団体とすることを確認。
顧問 ‥‥‥大儀見 薫 (財)日本セイルトレーニング協会 会長補佐
会長 ‥‥‥重田 辰弥 (株)日本アドバンストシステム社長
副会長 ‥‥長嶺 為泰 ブラジル銀行東京支店調査役
        武原 常典 沖縄物産販売(株)社長
        小嶺 宏   (株)サンワ社長
事務局長‥ 伊禮 博   (株)ニューズヴァリュー社長
 S: WUB東京支部が発足/会長に重田氏(日本アドバンストシステム社長)

○1999年3月 重田会長他WUB東京役員が琉球新報社へ挨拶/所信表明。
 S:経済フラッシュ/世界の県系ビジネスマンをネットワーク

○1999年3月 『できない論理より、できる論理』 を信条。小嶺サンワ社長(WUB東京副会長)が琉球新報社の「日曜インタビュー」で語る。
 S:日曜インタビュー/サンワ社長/小嶺宏さん/有望なプロポリス県内製造/WUBで華僑匹敵の情報網

○1999年3月 臨時総会を開き、新年度の活動方針などを協議。
 S:会員間の情報交換を/WUB東京臨時総会

○1999年6月 吉沢WUB東京会員の寄稿記事。大切なのはネットワーク を生かしていくことで、沖縄の最大の魅力のネットワークとあいまってさらに発展することを期待したい。
 T:[東京発]/東風/吉沢直美/ネットワークの広がり期待

 

<第3回WUB世界大会(ロサンゼルス大会)>

■1999年8月 第3回WUB世界大会がロサンゼルスで開幕した。WUB東京から役員ら7名(大儀見、重田、小嶺、長嶺、知花、山本、大嶺)が参加した。
 ☆:大会参加報告(重田WUB東京会長)
 S:WUB世界大会が開幕/ロサンゼルス
 T:サミットで飛躍を/"世界"強調するWUB大会
記事に”1995年の稲嶺恵一氏(現知事)の提案がWUB設立のきっかけ”の旨、記述あり。

■WUB世界大会
1997年9月  第1回 ハワイ大会
 S:世界ウチナーンチュ・ビジネス・ネットワーク
1998年2月 WUB設立
1998年8月  第2回 ブラジル/アルゼンチン大会
 S:Ⅰネットで商取引を/各国の経済状況紹介/50人が参加、交 流も深める/WUBアルゼンチン会議
1999年8月  第3回 ロサンゼルス大会
2000年6月  第4回 沖縄大会
2001年10月  第5回 東京大会
WUB設立準備大会が第1回大会に位置付けられている。

 

<WUB東京会員有志によるWUBカンパニーの立上げ>

■1999年11月19日 WUB東京会員有志により、WUBカンパニー「(株)琉橋ネットジャパン」が設立された。社長は小嶺WUB東京副会長。
☆:(写真)設立準備作業の1コマ
1999年 5月 S:「WUBネット」8月に設立/世界のウチナーンチュ網を活用/物産販売など展開
1999年 7月 S:県系ルート活用し物産会社/WUB東京、設立向け検討急ぐ
1999年12月 S:WUB東京、琉僑ネットジャパン設立/物産販売やネット展開
1999年12月 T:世界の県系人脈生かしビジネス/複合的な事業展開/東京で「琉僑ネット」設立

2000年6月 S:英語教育ソフト開発・製造を受託/琉僑ネットジャパン

 

<2000年始めのWUB東京>

■2000年1月 WUB東京定例会が開かれ、新年度の活動方針などを協議。
○関西支部の設立支援 ○WUB学生組織の設立支援 ○第4回WUB世界大会(沖縄大会)への参加支援 ○「琉橋ネットジャパン」の応援
 S:関西や九州などの組織発足で支援へ/WUB東京が新年度方針
 T:世界大会誘致を確認/WUB東京新年定例会

○関西支部設立
 2000年6月 S:WUB関西支部を設立/会長に仲里真光氏が就任

○WUBタイランドが、WUB東京ゲストの瀬底さんらにより、設立された。
 2000年7月 ☆:WUBタイランド設立 事務局長はWUB東京ゲストの瀬底さん
 2000年9月 ☆:WUBタイランドホームページ開設

 

<第4回WUB世界大会(沖縄大会)>

■2000年6月 第4回WUB世界大会が開催され、WUB東京から25名が参加した。
 S:ビジネス発展へ/WUB世界大会きょう開幕
 S:社説/WUB世界大会/ネットワークが本格始動
 S:社説/WUB世界大会/大きな成果、さらに大きく
 T:[社説]/WUB大会/世界ビジネスへの一歩に
 T:情報通信で商談成功/WUB世界大会閉幕/「所期目的を達成」/次回は2001年東京
 T:[唐獅子]/斎藤陽子/WUB大会に参加して
 ☆:7月例会 「第4回WUB世界大会/沖縄開催」のレポート 他

2000年12月30日 S:県経済この一年/WUB世界大会開く/那覇1350人が参加

 

<WUBカンパニー第2段 (株)「デジタルあじまぁ」の設立>

■2000年10月  りんけんバンドの照屋林賢さん、WUB東京会長の重田さん、WUB沖縄会員の上地さんらにより(株)「デジタルあじまぁ」が設立された。
(株)「デジタルあじまぁ」 はオンラインショッピングモール「おきなわいち」を開設し、活動を開始した。
あじまぁとは、沖縄の言葉で、交叉点のことです。すべての道、さまざまなベクトルが交叉する場、それが 「あじまぁ」です。
 ☆:WUBカンパニー第2弾(㈱) 「デジタルあじまぁ」 設立の報告
 S:ネットで沖縄゛売ります゛/デジタルあじまあ/来月10日サイト開設
 T:県産品、世界へ発信/Iネットにショッピングセンター開設/「おきなわいち」情報満載/デジタルあじまぁが来月10日から開始へ

 

<来年(2001年)開催の第5回WUB世界大会(東京大会)に向け始動>

■2000年夏/秋 WUB東京内で役員会、定例会/総会を開き、東京大会に向けた話し合いが行われた。また、大会に向けた部会が発足し、活動を開始した。
2000年7月 ☆:7月例会 「第4回WUB世界大会/沖縄開催」のレポート 他
2000年10月 ☆:「WUB東京」総会 2001年「WUB世界大会」東京開催について 他
 総会の後、WUB世界大会に向けた部会を立上げ、それぞれの部会が活動を開始した。

2000年8月 ロバート仲宗根氏来京の際、重田会長と東京大会開催についての話し合いが持たれた。
 ☆: ロバート仲宗根WUBインターナショナル会長来京

2000年8月 S:ウチナーンチュ大会、来年11月に開催決定/参加型目指す
2000年9月 S:課題は交流の拡大発展/WUB世界大会総括
2000年9月 第3回世界のウチナーンチュ大会実行委員会の結成総会が開催された。
 第1回大会は県系人の里帰りという趣旨。
 第2回大会を機にWUBのような経済的ネットワークが出てきた。
 第3回大会は沖縄と各国のウチナーンチュをウェブでつなぎたい。IT(情報通信技術)を用 いたネットワークの拡大が大きな目的。直接会うことの意義は変わらず。
 S:ウチナーネット未来へ/ITでネット拡大へ/直接会う意義は変わらず
2000年12月 第5回WUB世界大会のテーマが公表された。今後の活動状況により、若干変更することもあり。
 S:WUB/海外20支部目指す/来年10月の世界大会/テーマ決まる
 T:[ティータイム]/WUB大会をPR